Take it EZ! セカンドダンジョン

ちゃす・・・。

疲れてきているらしく、昨日は学校1限目から行って、ソッコー塾。帰りは22時半になった。帰り雨に降られるし、帰ったらシャワー浴びる前に気づかないうちに寝ちゃって、気がついたら朝w風邪ひくっての。まぁ、そんな感じだけど起きてなんとか立て直して今に至ります疲れた。

もう10月の下旬に入りつつある。あと10日で11月だなんて、信じられない。9月に入ってから、月日が信じられないようなスピードで動いてる。睡眠時間も、入院時の9時間とはうってかわって、基本5時間、少ないときは4時間程度だったりする。危ないかなぁともおもうけれど、今はやるべきことをやって、それなりに好きなこともやると、どうしてもこんな生活になる・・・仕方ない、のかなぁ。でも、だからといってやりたいことせずにロボットみたく、やるべきことばっかやるってのもきついからね。とにかく、服薬だけはさぼらずに、その他の時はとくに病気を気にせず、やって行きたい。

なんかぜんぜんまとまりのないこと書いてるけど、逆に言うと、それくらいなんとか安定して日々をいそがしく送れているということ。ただ、考えることはやめない。自分を客観的にも主観的にも、見つめながら日々を生きることは、続けて向上しなければならないね。昨日書いた文章の一部。

「普通の日々が続いたら、自分を客観的に見る機会が増えて苦しいでしょう。困難になればなるほど、自分を振り返る時間がなくなり、それを言い訳に自分をないがしろにできますから。でもそれはもう、やめたいのです。
普通の世界の住人は、なんでも精神疾患や依存症のせいにしたがるわけです。それで、自分のことを「異常ではない一歩上の人間」と思っていい気になって、はずれものを排除するのですまるで、自分の中にはもともと綺麗な部分しかなかったみたいに。異常な心理の源は、誰の中にもあるのに。気づかないのは、とても危険なことです。」

私は、自分の異常な弱点を見える形にして生きている、らしい。だから、逃げられないんだって。そうかもね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
ちゃす。
ついに買いましたパソコン!マジ使いやすい!何かは内緒w←大してPC使えないくせにいきってんじゃねぇよ、っておこられそうだから笑 まぁ、我慢しましたわ4ヶ月。ヒンジぶっ壊れてから、実家のPC持ってきてクソな性能に文句付けながら一生懸命使ってた甲斐があった。うん、誕生日にオトンから買ってもらっちゃいましたええ。ありがとうマジで。超大切に4年間使います。勉強もがんばります、ええ。

そんな感じで昨日は実家に帰ってた。外食もつれてってもらってしまい、本当もったいない限りです、って感じ。今週はいろいろあって忙しい・・・塾のバイトも今かなり立て込んでて、ヤバい感じになってきてて、大学に提出する課題も何個かあって、うん、一気に来た感じ。昨日今日も、速攻でパソコンのセットアップすませてあとはひたすら勉強、作業w休みの日の方が机に向かう時間が多いって言う皮肉ね。そんななか、自分になんか買おうぜ、ってことでレコード少し買ってきた!で、帰ってきてずーっと聞いてる。最近は、ヒップホップだけじゃなくてソウルやファンク、R&Bに進出してきたので、幅が広がって面白い。

学校始まってから、もう1ヶ月たった。うん、自分で言うのもあれだけど、かなり順調に進んでいると思う。荒れることも上がりすぎることもなく、病気のことすっと忘れることすらあるくらいに、「大学生」やってる。そりゃあの街に行くときは、病院であろうとその他であろうと、大学生の私ではいられずに気を張るけれど、それ以外の学校だとかバイトだとかでは普通の生活を送る、一人の大学生。
前の私だったらね、このうまく行ってる自分を死守したいと考えたと思う。せっかく、みんなと同じ土俵でできる場に出会えた、ってよろこんでさ。けどね、今回はそう思わない。それは、自分はどうあがいても、同級生や同年代の、昔私も目指していたところへ進むみんなとは、同じ土俵に立てないんだってわかってるから。病気のせいでなく、6年の間の経験が、私にそう思わせるんだ。そして、だけど今は、そんな自分がよくない最悪だと思わないし、逆に突っ張って自分は特種だと思いこんでいい気になっているわけでもない。あぁ、私だ。このごちゃごちゃ感が、私だ、ってすっとそう思えるようになりつつある。

思う、去年の7月ごろから、こういう気持ちになることは予想がついてたのかも。わけわかんないまま、死ぬ死ぬ詐欺をしたところから始まって、少すずつ自分の特性をわからせられた、去年のこの時期。受験後の、死にたい気分(前のブログ消去した時)、4月5月の荒れっぷり、6月7月の自殺未遂、入院。1年半くらいかかって、ようやく自分の一つの答えにたどり着こうとしている気がする。じーさんの元で、かなり力強い精神のリハビリを行った笑53日の後、その次の日に出会った人間が、キーとなった。キーとなっただけで、実際動いたり変わろうとしたのは自分自身だけどね。

この、静かに変わりだす自分や周りの環境が、とても面白い。笑えるほど、面白い、だけど、そこには常に「哀」の切ない感情が隠れていて、それが出てくるリスクを覚悟しなければならない。そこまで考えて、それでも自分を誠実な方向へ変えて行きたいと、思うんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
「Yは元々大衆じゃなかった、確かにそうです。普通じゃなかった。
自らなった時に、私が一番近くにいたのに。このままじゃヤバいと思ったのに、私が逃げた次に会った時はもう取り返しつかなかった今回
ここまで追い込んだのは私の責任もでかいんです。
私はその時西口に住んでてでも半同棲で毎日仕事終わりにYの家行っての繰り返しでその時暴力やばくてお金も全部私持ちで当時21歳で
こんなこと、どうってことないけれど今まで普通に生きていた私にとってはすごく普通ではないことで、その時初めてあいつはデリバリーでハーブを買いました。それが3年前の12月。すぐに量増えて2月ごろにはそういう人のたまり場にあいつの家がなって
私と同年代の女の子がよく来ていたらしくてそこに私を呼ぼうとしてこっちは、仕事やっとやって、会いたくなくて駅でうごけなくなっているのにふざけんなと。私にはあれやれこれやれ、殴るし。なのにドラッグやってる子とは、仲良くできるんだね、って、そんなくだらないことで怒って、
その月にはさすがにこの人は危ない殺されるんじゃないかなアクシデントであれ、となんとなく思った、それだけだったのに私逃げました。
もう少し我慢すればよかったし誰かに言えばよかった、なにも知らない温室育ちの22歳がそんなことどうにかできるはずなかった、なのに
悔しくてしかたなかった、ここまで全力で人を思ったはずなのに、時間もかけて、なのに届かないって自分は非力だってことが嫌だった
その気持ちがまだ、
続いているんでしょう、きっと。」

この後の2年は、きっと、Yに対する罪悪感で固まっていたのかも、しれない。もしかしたら、今も。
決めねばならないときが、来ている。時期を感じる。こんどこそ、何かが動くのを感じる。4年ぶりに、Yとの関係の本質が、音を立てて動き出す。
ただし、たぶん、今回は一人ではない。そこが、今までと決定的に違うところ。変わっていく、今こそ、変わりたい。
壊しておいて、傷つけておいて、それでも愛せないことなんて、信じられなかった。信じたくなかった。なのに、今、私は最後の情まで捨てようとしているのかもしれない。

「でもね、彼はドラッグが理由じゃない。
彼の生き方にトッピングしただけ」

いろんなことが、頭をよぎって、爆発しそうだ。Yと初めてであったとき、一番ぐちゃぐちゃだった付き合うまでの期間、その時に発覚した互いの病気。そして、暴力の毎日から、夜逃げ。空白の期間、を経て元に戻ったこと。暴力がなくなったけど、ドラッグが増えたこと。また離れたこと。あいつの入院、私のOD、私の逃げ、無視、あいつがどんどん弱って行ったこと、そして、今の救いようのない状況。落ちて行く様、離れていく気持ち、ただ利用してされる関係になっていく日々、それでも気持ちを離したくなくて、何度も関わり、その度に失敗したこと。死にたいときの電話、そのツケ。信じられないほど、互いのことがなんとなくわかること、なのに、それを武器にされたこと、したこと。
全部が、つらく、愛おしい。
だからこそ、まだこの状態を受け入れられず、逃げの姿勢に入ってる自分もいる、だけど今度こそ。このチャンスは逃してはならない。失うリスクと失わないリスクを、同時に受け入れよう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
ちゃす。
怒涛の3日間が過ぎて、ようやく精神が落ち付いてきましたハイよかった。
とか言ってもやることは常にあるわけで、昨日は学校からのバイト。学校じゃなにもかも上の空だし、身体がぎしぎし痛んで疲れて、ほとんど動くの苦痛だった。塾はなんとか1コマこなしたけれど、こっちもしんどかった・・・のにもかかわらず、遅くまで残ってしまって帰ってきたのは23時少し前。ご飯とか、作ることは到底できずにコンビニ。仕方なし。

今日は、起きてすっからかんになった冷蔵庫の食料と日用品買い出しに行った。で、あとはバイトか。うん、がんばろ。明日を乗り切れば、土日だしね。
なんかさ、火曜日にYのとこ行った時さ、私いわゆる躁状態だったと思うんだよ。人とご飯食べてるのいきなり中座して、人殴りに行かないでしょ、普通wだいたい、どうやってあいつの家へ行ったかすら、覚えてないもんね。そういうのやるとさ、やっぱ疲れるもんだね。まだ、正直回復してない。今日だってバイトなかったら、確実にまだまだベッドにいたと思う。でも、そう考えると、バイトや学校がいつも時間通りにあって、すごく助かっていると思う。

このごろさ、カウンセリングでカウンセラーさんとよく、「居場所」の話をする。カウンセラーさんとの大前提は、「居場所なんてない」ってこと。これは、居場所がない~っていう悲惨な声ではなく、そもそも「居場所」っていう概念自体が変なんじゃん?っていうこと。私は昔からそういう意見だったのだけど、カウンセラーさんもそう考えているとのことで、うまく表現してくれた。
私には今、存在する場が3つあるように感じる。ひとつは、大学生としての場。これは、学校やバイト先での私だよね。
ひとつは、病気を前提としている場。これは、病院、自助会などでの私、かな。
最後は、Yやその周辺の人々と関わっている場。これに関しては詳しく言えないし、場所、というのはないかもしてないけれど、自分の中では確かに一つの領域として、確固たる場を占領してるよ。

で、さ。私は、この3つの私がつながってはない、と思うんだよね。例えば、ひとつ目の場、つまり大学生としての場に、今はふたつ目の場である病気の領域は入れないつもり。そして、どちらの領域にも、3つ目の領域は入れないようにしなければならない。そして、ひとつ目、ふたつ目、みっつ目、の順に、前の領域を入れる必要は、なくなる。
だから、かぶってはいない、でもね、根底でこの3つはつながっている。自分にしか見えないつながりだとは思うけど、この3つがからまって、私を作っていると思う。どれが欠けても、今の私はいなかったと思う。
そうは言っても、優先順位をつけなければならないときはある。今の優先順位は、まず、学校。そして、服薬等の躁鬱の治療。最後に、別の世界。これが王道だと思うし、私もふだんはこんな感じで生きてる。だけど、心の深くでの優先順位は、たぶん、間逆。
私は、今の学校、本当好きだ。勉強が苦ではないっていうのもそうだけど、とにかく学科の同級生がいいやつらすぎて、で、学校自体がとても楽しい。だから、いい場所で、失いたくない。
病院で出会った仲間とか、あのめちゃくちゃだけどあったかい場はなくてはならないものだったし、自助会もマジ、大切なものだ。なきゃ、だめ。
なのにね、ときおり、その2つをすべて投げ出してでも、別の世界に飛び込んでしまう自分がいる。だいたい、自分が突発的に何かやらかすのは、そっち方面。そこが、たぶん一般的な世界の人と会い入れない部分だろうし、それが原因で人から一歩引かれたり、怒られたり、バカにされたり、していることも承知してる。でも、ここがないと、たぶん、自分のすべてが崩壊する。だってさ、今学校に行っているのも、躁鬱だといわれ、その症状的なものが顕著に表れるのも、正の面も負の面も、ここから出発してる。だから、自分にとっては必要不可欠な場なんだ、きっと。この、あちらにも入れないし、こっちにもいられない、この白とグレーの間の立場が、たぶん、自分の「居場所」ってことになるんだろうなと思う。あんま居心地のいい場ではなく、ひやひやするし、疲れるところではあるけれど。

それでも、明日も、白の学校やバイトに行く。これが基本。ホームグラウンドだと、思えないのはさみしことだけど、居られる場のひとつとして日々を過ごして、大切にしようと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
昨日の夜から、精神状態ぼろぼろだった。
現実や、実現できそうにない希望、自分の未熟さ、それによって引きおこされたさまざまなこと、人に与えた傷、人からもらった傷。一生懸命そういうのから目をそむけていたけど、がつんと降ってきた。
このタイミング。53日間の入院を経て、少しだけ人として成長できた夏が終わった、今、秋。24歳が終わりそうなこの時期。

自分がつらかったはずのこと、今まではそれでも「自分の責任」にして、消化することが大切だと思っていた。でも、今はそうは思わない。つらかったことは、人を恨んだっていい。恨むべきことだってある。恨みって言う、情、だってあっていいんだよ。
そう気がついた。なのに、矛先を間違えた。
今日、軌道修正した。矛先だった人が、Yをハメてくれた。ここぞとばかりに、私が潰しに行った、でも、やっぱ、ダメだった。自分の手が腫れるくらい殴ったし、頭を膝でけりつけたりしたけど、膝ものすごい青あざできただけで終了。残念。もちろん、こんなんは、自分が受けた暴力の100分の1にもならない。私はYに対しては、落ち着いた行動が取れない。いつも、突発的で、だから、話す内容など考えてなかった。それより、あなたを恨んでいるんですよ、って身体で伝えたほうがいいと直感で思った。やり返しはしなかった。お前頭おかしいんじゃねえの、とか、病気だとか警察呼ぶとか、最後はそういうことしか言えないんだね、だったら暴力で返ってきたほうがどれだけ楽だったか!私は、落ちて落ちて逃げて逃げて、生きるとは何か、それすらも分からなくなって、自分の状況に気づかずどうもしようとしない、そんな無力で無様な姿を見たくないんだこれ以上。

協力してくれた人から、夕方、Yの様子をメールで聞いた。その時は、ちょうど学校帰りに入院仲間とご飯食べていたのだけど、いてもたってもいられなくなった。ここで、私はやらなきゃ。もう見てられない、こんなことで、私がいちいち蝕まれるなんて、もうたくさんなんだよ。死ねばいいのに、死ねばいいのに、死ねばいいのに!
頭のなかもう真っ白で。昨日、その協力してくれた人を本気で憎んだ気持ちが、Yへと、正当な方向へと、向きなおした。わけわからなかったけど、あんまり意味なかったけど、でも、少しだけ分かったかな。依存しているものを奪った。返しに行った。買わせて取り上げる、私の負の気持ちをぶつける、もう、精神的に終わってください。あのね、物質で死ぬなんて、そんなさみしいことさせないよ。ここまで来てしまったら、精神的にさようならしよう。長すぎだよ、もう4年。この終息は、私が徹底的にYを傷つけるしかないみたい。もちろん、きれいに身を引いて終わらせばいいって、外野がそう言うのはわかってるし、すごくもっとも。だけど、こんな気持ちだってあるんだって。

お返ししに行ったところで、少し話してきた。昨日の謝罪をした。掛け値なしで、向き合ってくれた。今の私にとって、そても有り難いことだった。今日の夕方まで、その人に対してかなりの負の感情をいだいていたことを恥ずかしく思った。好きな曲を、流し続けてくれたことにも感謝。荒れた精神が、かなり落ち着いた。

普通の日々、日常の、積み重ね。たまに、昨日、今日のような、爆走があるけれど。心に鬱積していた負の感情は、なかなかなくならないけれど、一番「きれい」な方法ではなく、一番「納得のいく」方法を選ぼう。その過程で、ものすごく相手を傷つけたとしたら、それは自分の傷となって返ってくる。それは、受け入れなければ。
当たり前すぎることだけど、私はYといて、たくさんのものを得た、もう、なににも代えがたい精神性や音楽、いっしょにいる時間、いいものをたくさんたくさんもらっている。その事実も、私が「つらかった」事実とともに、確かにある。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
この2週間くらい、楽しくて仕方がない。たぶん、人に言わせればそうとう危険な楽しみ方をしているのだろうけど、本当に楽しい。この数年で、こんなに言葉を考えて出したことはない、というくらい、毎晩言葉を真剣に考えた。
最初は、勘ぐり合いのような会話が続いたし、私は何をどこまで信用していいのかよくわからず、だから警戒心で、言葉を選びに選んだし、挑発には乗らないように注意していたからこその、言葉選びだった。

それが、少しずつ、変わってきている。何かのギブ&テイク、だったはずのものが、「リスク度外視」の言葉の掛け合いになってきた。お互いに、お互いの急所を知っているはずなのに、知っていてしかも関わらざるを得ないことになって関わったようなものなのに、不思議なもんだ。

でも、自分がこのブログでもなかなかできない、言い回しをその方にならできる。たぶん、読み間違えはしないだろうと、確信できたから。もし、読み間違えたり無視をするのであれば、いつでもこっちから切れると思ったからこそ、捨て身でもあるような言い方をした。でも、いつの間にか、切れない相手になりそうな気がする、というか、たぶん自分にとって、何か特別な方になってしまった。
世界に引きずり込む力がある方だから、と最初は警戒したのに、いつからか、引き込まれるのを誘発するような言葉を吐きまくってたんだろうな。でも思う、私の世界観、考え方、価値観にも少しは引きずり込んでいる。もちろん、その人の強烈な世界観の前ではどうってことないものかもしれないけど。

別の世界で間逆の立場から、同じようなものを見ている。なのに、立場がとても違うだけで、モノの見かたはそっくりだ。
こんな偶然があるとは思わなかった。関わってみてよかった。さぁ、少しの情が入った「興味本位」が着地する場所はどこだろ。すげー楽しみ。これだから、人はやめられない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
下手踏む前に、摘み取っておきます。
ヤバいヤバい。油断大敵ww
ちゃーっす!
もう、ふざけた挨拶しかできないくらい疲労困憊中ですハイ!
いや、今週は動きすぎたわww台風で学校がなかった分、塾にたくさん行ったり(←こっちも台風のせい)病院行ったり、Y関連のオカタヅケしたり、いろいろ。水・木・金、は帰りが23時を超えた。1限からある日は朝8時には家でなきゃだから、体力きついね。

で、昨日。昨日は、1限から授業の日だった。でも、前の日は23時過ぎに帰ってきて、それから少しだらだらしてたらあっという間に2時になっちゃって、で、寝た。朝、いつもの時間に起きるんだけど、どうにもだるくて、洗濯もの洗濯機につっこんで二度寝。二度寝・・・起きられるわけないすよね、ハイ。起きられませんでした。目覚めたのは、いつもなら家をでて5分くらいたっているはずの時間。あーもういいですいいです、1限、自主休校乙。2限の語学からだな、寝よ寝よ。と思って、気がつく、今日の1限、休んだらやばいやつだ、グループワークのやつだ、しかも今回私リーダーで、提出物持ってるんだ・・・休んで提出できなかったら、みんなに恨まれる。
でも、私はこんな言い訳いやだけど、人よりもぶっつぶれるリスク高い人。それ分かってたから、事前に提出物コピってグループの他の子に渡してあった、それ出してもらうかーと思って、すぐ連絡した、けどさ、いやー、行くべきでしょこれ、となぜか途中で思い直して、行く方針に変更。それからもう大変ですよ。
ソッコーでさっきの洗濯もの干して、顔洗う時間すらないから化粧落としで顔拭いて←汚・・・で、マジテキトウな服着て準備して、駅までダッシュ。徒歩9分のはずの道のり、5分もかからなかった。で、電車飛び乗って、降りて、またダッシュして、授業開始5分前に何とか到着w
とりあえず化粧してないからタオルで顔かくして教室入って、みんなにうら何やってんの、と聞かれて、いや、ちょっとマジで走りまして化粧してないんでおばさん全開なんだよ見るな!、みたく答えて、提出物だけ渡して、トイレでボロ隠しメイク。本当、疲れた。

で、3限分受けて、塾バイトして、帰って23時。今日は2限からなので嬉しいですハイ。
あきらめないって素晴らしいね、でももうやだわ。正直、今やってること、どれも少しずつ中途半端になってしまってる。中途半端でもいいものはもちろんそれでいいけど、ダメなものは確かにある。
それに、ちゃんと時間さけるように、疲れすぎないようにしよう。何もない日は、身体休めるのに専念だな。「休みの日こそ、休むなよっ」っていう、生理痛の薬のCMが昔あったけど、私は「休みの日だから休めよw」って感じだわ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
ちゃす!
今日はこれから受診+カウンセリング、からの学校、からの臨時で一コマ入った塾へ行くー。帰りは22時半だな。がんばろー。
で、あと15分後に家をでなきゃなんないので、ぱぱっと書く練習です。
昨日は学校がフルにある火曜日。9時~18時まで学校。空きコマは、友達としゃべったりゲームしたりで、うん、一日中誰かといた日だった。それもだんだんストレスにならなくなっている自分は、成長してきたなぁと思う。

ただ、8月から今までずっとだけど、脱毛が止まらない。ドライヤーかけると、今までとは明らかに違う量の髪が落ちる。
きっと、7月のアレから、実は精神的には回復しきっていないのだろう。あれから、自他共に認めているけれど、自分は少し変わった。端的に言えば、人との境界がはっきりしてきて、人に言いたいことを躊躇なく(KYでないレベルで)言えるようになってきた。そしたら、新たな出会いが増え、人間関係も逆にスムーズになってびっくりしているとこ。
でも、たぶん、その変化に身体と精神の根本的部分がしっかりついていけてない。それ故のストレスが、どこかにかかっているのかも、ね。
もう少し、自分に入り込んでみることも大切だ。大学では、世界に、外に目を向けることを積極的にする。でも、病院や、プライベートで世界を共有できる方々と関わるときは、自分を振り返るというか、自分をしっかりしたものにするために自分に目を向けようと思う。

やべ時間。行ってきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
ちゃす。
何で最近、最初の挨拶を始めたかと言うと、今までブログの出だしがどうしても暗いものになってしまっていたから。「はぁ」とか「つかれた」とかね。あんま気持ちいいもんじゃないから、あえていつもの挨拶にしておいた。
昨日は学校休講。まぁ午前のあの様子じゃ当たり前だわな、おもってたら、午後からは快晴。で、バイトに4時間くらい出て、終わりってな感じのあんまり動きのない一日だった。学校の課題ちょいちょい終わらせておくことは出来たのでよしとしよう。

あ、そうね、今日の記事は自己紹介第2段です。このブログ、今年の4月に始めたわけで、だから半年経った。そこで、結構状況が変わったので、自己紹介やり直しだよ。

えー、HN、うらです。1989年生まれの24歳(あと数日で25歳w)のアラサーに片足突っ込むような年齢の、女。
で、この歳にして、大学1年生やってます。都内の私立大学の文学部心理学科ね。
今までの略歴は、前の記事(4月2日の記事)参照してもらえるとうれしいです、つうことで、今日はその続きから。

えっと、入院歴が8回になりました。
今年の6月と7月にODをして、どちらもICU行き。7月のは結構やばくて、救急搬送され救急として5日総合病院に入院した後、そのまま精神科に送られて53日もの間、医療保護入院をしました。まぁ、出てきたのが9月2日っていう、結構最近なわけなんだけどね。
で、前の自己紹介から大きく変わったところがあって、以前は境界性パーソナリティ障害との診断だったんたけど、今回(7月~9月)の入院を経て、病名が変わりました。
私は、広汎性発達障害らしい。ってことで、病歴としては、
21歳(2011年)に双極性障害Ⅱ型、24歳(2014年)に広汎性発達障害、と診断された感じかな。

精神科に初めて通院したのは、中学2年の時。でも、自分が精神科に行くような人間だとはそのときは受け入れがたくて、一回だけ連れて行かれたまま、それ以降行かなくなった。高校では成績こそトップクラスで正直周りの期待が大きかったものの、私はどうしても学校が嫌で嫌で、高校の時はかなりの日数学校休んでた。高校2年生のときから、都内の総合病院の「神経内科」に通い始めるが、あくまで「身体」の異常ということで精神科的診察は受けられず、「起立性調節障害」だと診断されて内科系の薬を処方されて終わり。でも、なんとか高校は卒業した。

その後、大学に看護系の進学するも、自分にはどうしても性が合わずにすぐ退学。それから、精神が本格的におかしくなって、まずは拒食が始まった。そして、原因不明のいわゆる「混合的うつ状態」が続く。毎日家で過食しながら発狂する時期が、約1年続いた。その間に、今度こそはということで、精神科専門病院受診。そこで、今の主治医(じーさん)と出会い、それから人生は少しずつ変わっていった。
その後1年くらいは、まだ苦しい日々が続いたものの、専門学校に入ろうとしてみたり、いろんなバイト経験したりしながら、精神おかしくなりつつもやり過ごした。でも、発狂の度合いが激しくなってきたこともあり、2010年に初の入院。その時は、摂食障害と鬱症状での入院だったが、このときの2ヶ月の入院で、かなり精神状態は好転。
2010年、9月からはほぼクローズで仕事を始めることができるようになった。その後の略歴は、前の自己紹介に書いてあるので割愛。

そして、今。
今は、大学1年生を普通にやっている。普通に授業出て、人と関わって、バイト(塾)通う毎日。この平凡さに、最近はなれつつある。ただし、月2回の診察とカウンセリングは欠かさない。
将来は、できれば大学院に進みたいと思ってる。ただし、学費の問題も大きいので未定だけどね。今興味がある学問は、青少年の非行や犯罪、特にドラッグ使用者に関する心理の話。社会心理、発達心理、犯罪心理のごちゃまぜくらいになるかなぁと思ってる。とはいえ、まだぺーぺーの1年。これからどうなるかは、分からないけどね。

最後。服薬しているのはラミクタール100、リーマス100、眠剤が寝れないときに、ロヒプノール2㎎。ただし、今はリーマスを減薬して最終的にはデパケンに変えるつもりなので、その過渡期。

まぁ、こんなんが、「躁鬱病」「発達障害」として、または「大学生」としての自分の自己紹介。
性格的な問題は、ここではおいておこう。どうせ、誰にもうけいれられないだろうしね。
ってなかんじ!半年持ったのは、読んでくださる皆様のおかげでございます。これからも、よろしく!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村