Take it EZ! セカンドダンジョン

あー!統計のテスト悲惨だったwっていうのは、問題1題の存在そのものに気がつかず、まるまる解いてないっていうね。まぁ、問題用紙のレイアウト的に私と同じミスした人何人かいるっぽいけど、うん、むしろすごい大胆なミスだなと笑
けどこれで成績の30%決まるから、統計は成績不良になりますね、どんまい。けど、自身の中で使いこなせるよう、成績うんぬん抜きにして、また頑張ろ。
それよりも今は、実験レポートに苦戦してる。エクセルとワードが使いこなせず、PCでの作業をなんどもやり直してるっていう、これまた本題から外れたとこで苦労してるわけです。あー自分の馬鹿さ加減に腹が立つわ。

学校はそんな感じ。で、今電車でこれから夜勤、からの明日学校からの、夜勤。
うーん、金土は死ぬね。1時間でも2時間でも、寝れる時間を見つけて寝てる。
今、勉強のことは家ではできるだけやらず、学校で作業するようにしてる。バイトないときに学校残るとか、空きコマや昼にやってしまうとか。
学校外ではバイトか、寝てるか、家のこと少しやるかのどれかしかしてない。同じ音楽聴いて、ニュース、新聞チラ見して。それだけで精一杯。本は、BPDについてのものくらいしか読んでないし、本当、必要最低限しかできてない。

最近、自分が何をやっているか忘れることが増えた。これからやるべきこと、は覚えているのだけど、例えばブログの記事を直近でいつ書いたかとか、それどころか昨日とおとといの記憶がごちゃごちゃになったりとか、薬を飲んだか飲んでないかとか、最悪、ご飯を食べたかどうかすら忘れる。
完全に、疲れている。

人より劣っているからがんばらねば、っていうプレッシャーや、初めてのことに対する構え方とか、そういうのでもう精神的にも疲れのピーク。
今、一番戻りたい時期はいつかと聞かれたら、迷わず「去年の8月」っていうだろう。OD後に快適な(?)、それでいて半強制的な入院をしていたとき。なにか心が急いていても、休ませてくれる・・休まざるを得なくさせてくれたあの時期に、戻りたい。
でもだからってODするとかそういうのないから、そこは大丈夫なんだけど、気持ち的にはそんな感じだね、うん。
普通の18歳に比べて、頭も生活力も精神力も、すべてすべて劣っている自分が嫌で嫌で。

でもまぁ、しんどいのはどうしようもない。ちゃんと食べて、寝られる時は寝て、できることとやるべきことを、できるだけがんばろう。
まだ、きっと大丈夫、多分、あと2週間くらいは持つかな笑

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
昨日、めっちゃ久しぶりに通院してきた。カウンセリングと診察ね。
まず、薬がかなり変わった。レンドルミンっていう弱小眠剤がなくなり、夜はロヒ2ミリのみになった。
そして、一番分かったこと。デパケンが中止になって、代わりにリーマスになった。リーマスは1日に400ミリ。朝、夕で200ずつ。ラミクタールはそのまま100(朝50、夕50)で据え置き。正直、デパケンは本当、嫌いだった。精神的に落ち着く落ち着かない落ちる落ちないとかその前に、身体が動かなくなる。初めて飲んだ日(入院時)は400しか飲まなかったのに、食堂から自室までの50メートルが歩けなくなってしまって、じーさんを驚かせた。で、100まで減らして少しずつならしていって200になったのだけど、400もしくは300だと、起きるのがきつくてふらつくしだるいしで、どうしようもない。最近、それがあまりにも顕著だから、報告した。
それから、一日に何度も何度も気分の異常な波が襲ってくることを言った。どうやら私はものすごい頻度のラピッドサイクラーだということみたい。じーさんはそんなこと、とっくに気がついてたみたいで、「だって君はものすごいラピッドサイクラーだもん」とか言ってた。いまさらかよ、つってw

まぁ、薬関連はそんな感じ。昨日からなので、今2回リーマスを飲んだ。ま、長期服用しないと効果でないってのは知ってるけども、とりあえず今のところデパケンみたく変に身体おかしくなってないので一安心。もう・・・デパケンだけはごめん。あの身体の動かなさはね、きついですよ。600なんて出された日には、私がじーさんにぶち切れすぎて、看護師さんに平謝りされたくらいだもん。まったくOO先生は・・・とか、看護師さんも共感してくれて、なんだか申し訳なかったなw

で、カウンセリングね。正直・・・自分がなに話したのか、ほとんど覚えてない。っつうか、どうやって病院までいったのかすら、ちょっと覚えてない。別にODとかしてないよ、処方どおりに薬ものんで、今日は5時起きした。なのに、なんだか朦朧としてて、電車に乗った記憶もあいまい。だからカウンセラーさんにもきっと支離滅裂なこといってしまったのだろうな、と反省。ただ、やせたこと(今160センチ45キロです)とやつれたことを、心配された。でも、家庭環境や学費の面から、この生活は仕方ないんです、って言って、とても心配されたけども私の判断を尊重してくれた。なんだか、カウンセラーさんと会うとほっとする。否定せず、でも現実的なアドバイスをくれるそんなカウンセラーさんに当たって、幸せだよ。ご本人も、結構異色の人生を歩んでいたらしく(詳しくは知らないけど)その辺の共感もしてくれる。だから、どんだけ交通費がかかっても日にちが限定されてても、今のカウンセラーさん(とあのくそじーさん)のタッグははずせない。どうしようもない病院だけど、私はあの病院に何度も何度も救われてて、だから多分、自分の一番の「ほっとできる場所」なんだ。じーさんと出会えたのは、マジで奇遇すぎる偶然なのだけど(一日でもずれてたら出会うことはありえなかった)その幸運にいまさら、ものすごく感謝している。じーさんは、会話こそ少なくてものすごく無愛想で怖いけど、でもあの先生は私は全面的に信頼してるもん。どれだけ診察にいかなくても、いつでも覚えてくれて家の診療所まで呼んでくれたりしたこと、本当に感謝してる(パジャマ姿のじーさんに診察受けたこともあるw)どんだけ無愛想で冷たい感じでむかついても、こころではつながってもらっているんだなぁと、本気で感じる。あんなに安心できる人には初めて会った、きっと、数年後に会っても覚えてくれているだろう、っていう自信すらある、だから、頼むから死ぬなよ、って思うんだ。、ま、もう73歳、もし死ぬなら、じーさんの第一の弟子を紹介しろ、とw

ところで、昨日は死ぬほどハードスケジュールだった。朝5時おきで家事片付けで、レポート推敲して、7時に家でて1時間半掛けて通院。カウンセリング診察受けて、速攻学校へ。またPC作業して、その後午後の授業全部でた。昨日のロヒのせいで、何度も階段でこけたけど、しかたなかよ。死にたい症候群にはおそわれたけど、教授の学問にたいする情熱や面白さの追求に影響されて、なんだか死ぬなんてもったいないって思いなおして、最後まで講義受けてみた。教授って、ポジティブな人多くて、なんかこっちもやる気出る。で、午後は最後まで授業。で、そのあと夜勤だったんだけど、ここで体力の限界。3時間だけネカフェで寝た。その後、夜勤でパリッと仕事。やってる仕事はビジホの夜勤。接客に深夜業務。一度本気で経験した所j九種だけあって、成長が早い!ってみんなにわれて、それはそれでプレッシャーだなぁwでも、私はビジホの雰囲気がすごく好き、だから、時間的にはきつすぎるけれど、仕事は面白い。

だからさ、学校もバイトも充実してる。ネックなのは、LP(レコード)買いに行くいく時間がないこと、くらいかな(DMRは6月に閉店、今レコ放出中、マジ行きたいけど時間がナッシング)残念。
それから、飲酒量が半端ないこと。毎日、チュウハイかビールを1.5リットル飲んでる。薬と一緒に。でも、これで精神調整しないと、もう生きられない、だから、今は、今だけは、許して欲しい、って思う。

さぁ、レポートは完璧、とはいえないけど、納得できる出来にはなった、明日は統計のテスト(こりゃ理系のわたしにとっちゃ余裕、かな。もっと難しい文献読んでるし)。ま、英語が苦痛すぎるけども。(なんで私が帰国生クラスに入れられなきゃなんないのかがマジむかつくわ。、トフル、適当にやりゃ良かったぜ)今から英語予習しよう・・・あーもう、本気でやだ。フランス語のほうが数倍マシだw

ってな調子の最近。明日、明後日も夜勤。みんなに「覚えるの早っ」っていわれるだけにプレッシャだけど、だからこそ、がんばろう。がんばること、いっぱいだ。語学に心理実験、統計。でも、全部楽しもう。たまには、相棒の劇場版でも見に行って(一緒にいってくれる人募集中!ちなみにご飯もおごってくれたら最高☆)
まぁ、そないな感じで生きてます。ネックは、酒の量がどんどんふえてること、かな。もう、水ですよ。酒は。


でも、大丈夫、明るくて気持ちのいいクラスメイトと本気で仕事に向き合ってる、いい環境に私はくらしてる。体調管理と自分の内面を振り返りながら、一生懸命生きよう。
きっと、大丈夫。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
しんどー。今日は階段で2回転んだ。ロヒプノール、処方通りに飲んでるのに、早起きしなきゃなんないから薬残ったまま無理やり起きてる。だから、夕方くらいまで結構フラフラだったりする。

最近、ブログも含めて、ネガティブでかまってちゃんみたいなこと言うの、やめたいなって思うようになった。歳も歳だ、そろそろそんなことしているのは、ハタからみりゃめっちゃイタいだけだろう。だから、できるだけ自分の中でうまくやりくりして処理しようって方向になってる。そうしたいと、思う。

けどさ、けど。もう正直、疲れてる。体の疲れと、自分の出来なさ加減に嫌気が差すって言う精神的な疲れがいっしょになって、ネガティブな思考しかできない。でも、できないなら人よりがんばってカバーするのが当然で、だから必然的にゆっくりすることはできなくなる。今日も学校じゃ、昼休みも空き時間もずっと何かやってた。5限までびっしりやったあと、さっきまで残ってて、今帰り。明日は朝イチで病院、5時半起き、からの学校からの夜勤。27時間は寝れないなと、覚悟。仕方ないけど、さ。

まぁ、言われるまでもなく、持たないでしょうと思う。別に病気とか関係なしに、この生活+馬鹿さ加減で生きていくのは、普通に無理だ。でも、バカだからこそ勉強できなくて頑張らなきゃだし、同年代みたく立派に働けないからその分を休息を削るしかない。

私が今までやってきたことって、なんだったんだろうと思う。
私のこの数年、人からは「準備期間」とか「回り道」「無駄な時期」「ここからがスタート」「まだ間に合う」とか言われる。正直そういうこと言う想像力の欠如した奴らは大嫌いだった。ふざけんなだよ、何度も言うけど私のこの数年は生きるのに必死こいて、なんとかやってきたその結晶なんだと思ってた。でもね、こうなると。今、こんな苦しいと。その想像力にかけたクソな奴らがほざくことが、本当は正しいんじゃないかって、思ってしまう。
だって、生きるか死ぬかで楽しいって思う暇がなかった6年のその先が、まだ苦しいんだ。もしかしたらこの数年は、苦しさに耐えられる準備をしてただけなんじゃないかって、思う。
知識も経験も、社会に出るためのスキルも、アホどもの言うとおり、なんも身につけらずに無駄に捨てた6年で、だから「まだ間に合う」って言われるのは当然なのかななんて、思ってしまう。

でも。この数年が「無駄」で「準備期間」で「回り道」で「意味がない」ならば、私の存在そのものこそが意味がない。
王道(っていうか一般的な道)を選ばなければ「無駄」だと言われてしまう人生を生きるのが、どれだけ辛いか、分かるのか?
薬、お酒、こんな思考。
それに依存しなきゃ生きていけないこの状況を更に追い詰めるのは、そういう意味のわからないステレオタイプな偏見だってこと、わかってるのか、言葉に気をつけろ、と言いたい。
私が自分をボロクソに言うからと言って、他人が私をボロクソに言っていいとは限らない。

気を使って、ネガティブを引っ込める筋合いは、なかったってこと。いつもの私に戻ろう。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
 あーーもう。授業についていけてないんじゃないか疑惑浮上。みんなさ、めっちゃできるんだよね。
早速、グループ単位での小実験が始まってるんだけど、私のグループ(4人)、めっちゃ賢い。PC大得意で秀才、超切れ者の男の子に、言葉のネックはあるけれどかなり優秀な留学生の女の子、それからスポ推で入ってきた、まぁそこまで出来はよくないけど、一生懸命で気持ちのいい男の子、あと私の4人で、結構異色のグループなんだけども、みんなすごいんだよね。ワードエクセル、文章の構成、考察、そこまでのプロセス。私なんかよりも数段できてる。もう、6歳差とか、関係ない。みんなに追いつくのに必死な私だよ。恥ずかしげもなく、余裕でみんなに教えてもらってる私です。本当に、がんばらなきゃ。私も私らしくもなく、グループのみんなで協力してメールで推敲しあったり集まったりする提案したりしてて、なんかものすごく新鮮。でも・・・楽しい。ああでもない、こうでもない、ってマジメにみんなでぶつけあって指摘しあう、こんな雰囲気は初めてで、面白い。本気で、この学科に入れて幸せだと、思った。けど、協力はするけど、自分なりにも懸命にがんばりたい。

 うん・・・けどね、正直、今は時間との戦い。そして、今、暴走のアクセルを踏み始めていることに気がついている。じっくり勉強したいのが一番だけど、バイトや通院、他の都合もあって時間の制約がすごい。特にこの1週間は山場。多分、睡眠時間をどう取るか、がキーになる。
夜勤をやると、時間が不規則になって、まとまった睡眠をとることが難しくなる。で、これは前のホテルのときもそうだったんだけど、夜勤後の昼間ってなかなか寝付けない。夜勤経験者なら、分かると思うけど、夜ぶっ通しで仕事して、で昼間に帰ってきてハイ寝ましょう、ってのはなかなかきついんだよね。徹夜で少しハイになって、しかも日が出てる昼間にぐっすり眠る、って、意外と大変。ここ3日間の睡眠時間は、3日で10時間くらい。まずいなぁとは、気がついてるけど止まらない。ロヒでごまかすけど、緊張してるのか、ふらふらの頭のままに身体は起きてしまう。

 分かってる、暴走し始めてる、私。このままじゃ、精神面もそうだけど、体力が持たない。そして、そのせいで精神にダメージをもたらす。
だけどね、今こそ、多分試練のとき。ここでこそ、自分のコントロールが試される。暴走を、なんとか抑えることだ。余裕なんて、1ミリもないよ、でも、できる限りは、自分のバランスをうまく取るんだ。
この間、バイト先の同い年の先輩に言われた。「夢があって、それに向かって頑張るのはあこがれる、そういう目的意識があって日々を送れるのがうらやましいよ」ってさ。なんか、そう言ってもらえたことがうれしかったし、自分は結構幸せなんだなぁと、思わされた。
悲痛にならず、卑屈にならず、うまくコントロールする努力をして、みんなにおいつけるように、自分の納得のいく結果を出せるように、頑張ろう。自分を律することが難しい性質だってことを言い訳にするのはもうできないってことだ。
大丈夫、負けませんよ、私は。

「言い訳や 負け惜しみをこらえて やるべきことをやるんだよ」
-Tha blue herb『孤墳』より

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村

にゃーつかれた。にゃーとか言ったら、実家のネコ様(アニ)が懐かしくなった(イモウトはどうでもいい)。
今日は夜勤明けで、ちょいちょい学校寄って少しやること片付けて、昼ごろ帰ってきた。さっき、実家から支援物資がたくさん届いて、感謝。マジで助かる。来月のこの時期までは、激貧生活確定ですからね、しかもこんなときに限って、ノートPCのヒンジの部分がなぜか破損して、多分このまま放っておけば大変なことになるパターンのヤツだから、修理か買い替えかしないとまずい。夏休みくらいまで、なんとか持ってくれ、このクソPC様。

私は自分のある部分がものすごく幸せでお気楽なのかもしれないと思うことがあるのね。っていうのはさ、私は、多分今まで、人のことをマジで恨んだり嫌いになったりしたことがないんだよね。
私が最初に自分の精神の異変に気がついた(っていうか身体に症状がでた)のは中学2年生のときで、そのきっかけはある一人の友人との関係だったんだけどさ。今、中立的な目で見れば、私はその友人のほうが少しおかしくて、私はその子との関係に耐え切れなくなった、ってな感じだったのね。でも当時は、自分が悪いと思ってて、結局私が転校することで収まった。その話を知っている人・・・関わっていた先生や少しは知っている同級生は、ほとんどが私を心配してくれた記憶がある。なんかさ、そうやって、いろいろ周りが助けてくれたから私は、その子のことをうらまなくて済んだのかな、って思う。もしかしたら、私だって「あいつのせいで精神がおかしくなった」「あいつのせいで転校に追い込まれた」って言っちゃってたかもしれない、でも、私はちらっともそんなこと思わなかった。むしろ、なんかきれいごとみたいだけど、これでお互いに学校生活しやすくなるならいいじゃん、って思ってた。
私が最初の職場を辞めた大きな理由は、まぁ人には言っていないけど、言うべきじゃないけど、あれだ、上司からの圧力。圧力っていうか、まぁいわゆる、この私が、って感じでほんとうおこがましいけど、世間一般で言えば、セクハラなのかな。ちょっとその会社の状況的に、断れない(感情的な)理由があって、しかも私が軽躁だったこともあって応じちゃった私がもちろん一番悪いんだけどさ、でも、そういうのでいづらくなって辞めた。家族経営の会社だったから、それ以上は、もう傷口をふかめちゃだめだよ、って思ったから、さ。でも、その半年後には、張本人は結婚していた。私の1つ年上の子と。まったく、気を使った私はなんだったんじゃい、と思わなくもなかったけど、でもおめでとうございます、って言えたし実際そう思った。それどころか、毅然とした態度を取れなかった自分が悪かったと思った。
もちろん、この世の中で私が一番うらんでよくて、うらむ理由があって、うらむべきである相手はY。もう、うらみつらみ、ワード10ページ分以上書けるくらいある笑 でも、だいたいのことは笑い飛ばせる。笑えないのは、私が悪いことが原因であいつが私になにかをして、それで私が逆恨みみたいなことしてるパターンのやつだけかな。だから、完全にYのせいのことで私がヤツをうらんだことはない。

つまり、私は。THE☆お人よし、なんだよマジで。
それでいいと思ってた。丸く収まってた気になっていた。でもね、よく考えると、どれも本来の人間関係から私が逃げていただけだったのかな、って思う。中学校を転校したいと親に言ったとき、「今回は苦しんでいるのを見ていたからその判断がいいとおもうけど、そうやってある意味で逃げることが癖になることだけが心配」と言われた。ちょっとそれは悲しかった。私はあの判断が逃げだとは、当時は思っていなかった。あれ以上、私と彼女は相容れなかったし、お互いにつぶれるであろうことは、多感な中学生の私たち、いや、私だけかもしれないけど、多分一番理解してた。逃げと言われたのは、悲しかったなぁ。
でも、今思うと、そういわれても仕方なかったのかもしれない。

まず、私みたいなぼけっとしたバカじゃなかったら、中学のいざこざも職場での面倒くさいことも、Yとの関わりも、起こらなかっただろうって思う。
そして、もし、起こってしまう程度のヤツだあったとして、でももう少しデキるヤツだったらば、きっと真っ向から闘う(話し合ったり何かしらの落とし前つけたり)していたのかもしれない。ばしっとことわる、相手とうまく渡り合い、私にとってももう少し有利な(?)方向へ持っていく、そんなことができたかもしれない。
でも、私はそれができなかった。できなくて、土壇場でできたことは、自分が去ることだけ。だから、人を責めたりうらんだり、そんなことができるわけがないんだ。自分のあいまいな態度や、逃げ癖が、全てを引き起こした、それに、多分。私の性質がそういう面倒くさいことを巻き起こしたんだ。そうじゃなかったら、こう、なんどもなんどもおなじようなことが起こる説明ができないから、さ。

私が人をうらまない理由は、うらむようなことがないから。というか、私がうらんでも一般的には「そうだよね」って言われそうな場面でこそ、本当にうらまれるべきは、私なんだからさ。
変なの。
本当は、もっと自分の気持ちを言った上で、一瞬それで関係が崩れてもぶつかり合うことが理想だったのかなと思う。その結果、人をうらまなくてよいならば、そのやり方と私が人をうらまない理由には、天と地の差があるよなぁと思う。

本当、私は未熟、未熟だった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村

はぁ。いくらキレイごと書いても現状なんも変わってないわ。荒れるね。

今日は、もう朝から気分悪くて、学校へはなんとか行ったものの、イライラ。昼休みにトイレで人とぶつかったことがきっかけでキレちゃった。壁どんってたたいて。それなりに込んでるトイレだったから、まずかったわ。で、そのあとパンと、エネルギー補充用に持ってたチョコ一気に食べて、マジやけくそになってた。そんな感じだったけど、何とか4限までクリア。クラスの子とはふつうに関われた、と思いたい。明日からまたなんやかや予定があるから、今日中にできるだけ課題や調べモノ終わらせようってことでクソみたいな身体とアタマひきずって2時間弱図書館にこもってた。あまりはかどらない。イライラ。帰ったら、20時。うん、まぁこれでもいいほうだ、って言い聞かせなきゃこれ以降はやっていけない。

なんか、自分流のやり方・・・ってか生活の仕方を、確立しなきゃなんないな、って思う。
多分、今の自分の状況は、同級生(っていうのはクラスの子たち、18歳の子たち、って意味で使うね、これからは)とはだいぶ違う。歳が、経験が、バックグラウンドが、とかそういう話じゃなくて、おかれた生活環境っていうのかな、そういうのが大分、違うんだ。
例えば、学校外での活動。私はサークルとか学校でやってるそういうの、なんも入らないことにした。実は、心理学科でやってる共同支援システムみたいなのの活動に参加したかったってのはあるけど、控えた。体調はもちろんだけど、多分、時間的に無理だと気がついた。
最近、これから4年間かかる費用を、もう一度計算しなおしてみたんだ。そうすると、約1年分まるっとたりないんだよね。奨学金は借りているものの、それでも足りなそう。っていうのは、一人暮らしを始めてしまったことと、当初の見積もりが甘かったことが原因。で、そうすると。もう自分でバイトするしかないんだよね。だから、あえて夜勤を選んだわけだし。
あとは、身のまわりの手続き、金銭管理等。保健に年金、私の場合は自立支援、考えてみりゃ通院、税、各種手続き。私の20歳を過ぎてからの経歴は、転職しまくりで親の扶養に入ったり出たり何回かしてて、マジわけわかんないことになってて一筋縄じゃいかない感じになってるから、いちいち面倒くさいんだよね。昨日、年金の学生猶予の申し込みや、自立支援の住所変更等、いろいろやった。それだけで半日仕事だよ。
あとは・・・これ言うのはずるいかもだけど、やっぱ人と違うことに対するどこか割り切れないストレス。この歳で、せっかく入った大学、少しでもいいものを得たいという貪欲さは結構人より強いと思う。だからこそ、この時期なのにもう、調べたりレポート書いたりするのに力んでる。このごろ、自分のアタマの悪さや飲み込みの遅さをものすごく痛感したからよけいに。思考力、集中力、記憶力。どれをとっても、多分人より大幅に劣っている。カバーするには、人より時間をかけるとか、何かよい方法を一つ一つに対して編み出すしかないということは、小さいころから分かっている。分かっていたし、そうやってきた。今だから正直に言うけど、私は中学時代は、多分同級生の1.5倍~2倍くらい勉強してたと思う(高校時代は同級生の0.05倍くらいです申し訳ない)。それなのに、上がりはコレだ。ってことは、今は人の5倍はやらないと追いつけないってこと。・・・無理だw
でも、人と状況や元からのアタマのできが劣っているからって、それを言い訳にして「だからできない」なんてほざくのは私のプライド(←あるんか、っていうね)が許さん。「でもやるんだよ!」っていうね、気持ちだけが味方だもん。

ただね、最初に書いたとおり、全部愚直にやってたら身体が持たない。だから、自分のやり方を見つけなきゃなんないわけ。で、今はその模索中だから、まぁつらいですよ。昨日ロヒ5錠(10ミリ)とか他の弱小眠剤行きましたよカンパリで。はい。
うん・・・弱いなぁ、私。こんなのは「自分のやり方」じゃなくて逃げ方だ。よくない。あえて、「最低だ」とか「クソだ」っていう自分を貶めるだけの言葉は使わないけど、よくない。

プライオリティ、を考えた。まずは、そりゃ学校だ。授業は必ず出る。これだけは、守ろうと思う。で、次に最低限課題はやる。もちろん、自分の納得の行く出来に仕上げるのは全ての科目において可能なわけがない。でも、これは、って思うやつは、納得いくまでやろうって思う。次は、通院。これは今ぜんぜんできてない。カウンセリングはもう1ヶ月半も受けてない。必ず、来週は行く。おととし、この時期に通院を4ヶ月さぼってその後の入院だ。しかも、強制入院になりそうだったのを任意に持ち込んだっていうかなりの緊急での入院。もう、同じことは繰り返さない。そして、お金。当然ながら、学校に行き続けて精神をある程度保持するには、最低限の金は必要。目的があれば頑張れるからね、きっと。
だけどね、今はそういうことでアタマいっぱいでさ、余裕がなさ過ぎるの。人とゆっくりなにかを楽しんだり、家で音楽きいてまったりすることにすら、罪悪感を覚えるみたいなね。

そこで。プライオリティ、の最後に、「楽しむこと、休むこと」を持っていっていること、それ自体を修正しなきゃなんないのかな、と思い始めた。もしかしたら・・・3番目くらいに、持ってきたほうがいいのかもしれない。学校ちゃんと行って、課題もバシッと決めるとこは決めて、で、リラックス。お金がんばる、生活頑張る、で、リラックス。そうやんなきゃ、だめだ。
あれやって、次はこれ、ハイ、これは終了、では次はこれに取り掛かります、って、人間ロボットじゃないんだ、そんなふうにできるわけがない。だれるときも荒れるときもあって、だから、リラックスするときも楽しむときもなきゃ、おかしいよなぁ。リラックス方法が、処方薬と一人で酔っ払ってラリること、はおかしいよなぁ。その前に、きっともっと満足できる、休息があるよね、って。

2年半くらい前、同じ職場で働いてた頭がお花畑みたいな先輩が、クリスマスにデートするために死に物狂いで日程を調整してたことを思い出した。まぁ、あれはあれでストレスフルだよなぁとは思ったけれど、自分の「やりたいこと、楽しいこと」のために必死になる姿は本気で尊敬した。そこまでは行かなくても、そうやって自分の休息や楽しみの時間を作りだすことも、生きるうちの大切な要素なんだ、って思う。
人は、完全に覚醒しているときも、疲れすぎて朦朧としているときも、集中力は悪いらしい。疲れすぎず、でも、ハイテンション過ぎず、じゃなくて、ちょうど良く。ただし、その場その場では、やっぱり100%を目指して。矛盾しているようだけど、そのやり方を見つけないと、それこそ人並みにすら、できないんだから。できないくせに、人とはずれた生き方を選択しているんだから、どうしようもないよねーと思いつつ、それを選択できた自分が少し好きで、だからやっぱり休むこともふくめてがんばらなきゃって思う。

ってか、サッポロの「ホワイトベルグ」っていう発泡酒うまいね。今飲んでびびった←唐突w

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
また学校のPCで遊んでますやばいね私。いや今までちゃんとレポート課題やってたんだけど飽きたから、ね。
今日は、このまま夜勤へ行く。明日は一日休み~だからいいんだけど、自立支援とか年金の学生猶予とか、いろいろ手続きしなきゃなんないので、あと16時間くらいは寝れないかなぁと思うとマジ憂鬱。まぁ、なんとかなる。

うん、やっぱ、授業は興味深いものばかりで学校はちっとも嫌じゃないんだけどさ、なんか授業中にいきなり消えたい消えたいなることもあって、困る。これは今にはじまったことじゃなくて、中学時代からだったんたけども、なかなか治らないね。まぁ、だからって感情に任せて教室抜け出したり、学校へ行かなかったり授業をさぼったりしないようになったっていうのは、成長。人からしたら当たり前のことなのかもだけど、私にとってはめちゃくちゃでかい成長。
これは、ひとつには一回社会人(っていう定義はいまいちわかんないけど)として働いた経験が効いているのかなぁって思う。プライベートでめっちゃ精神が荒れてても、仕事は仕事、割り切らなきゃなんない。私は、あのころは、通勤電車の中で切り替えてた。職場についた瞬間からは、できるだけ「いつもの私」でいることに集中してた。結局、最後には感情を爆発させてしまって迷惑をかけてしまったけれど、でも働いている間は自分でも、結構がんばって自分を律していたと思う。

だけどね、その律し方を今の自分の律し方はだいぶ違う。
働いてたときのは、完全に「我慢」だった。もちろん、我慢すべきことは学生よりもおおいことは間違いないのだけど、でもたぶん私は同僚に対して過剰な我慢をしていたのではないかなと思う。私がやればいいんでしょ、私が我慢すれば収まる、めんどうくさい些末なことは、はいはい、私が請け負いますよ、って。で、気分はいつもいらいら。いらいらして、どうしようもなくて、それで帰ってお酒や処方薬に頼ってた。正直、あの時期に、「気分がよかった」ってことってあんまなかったんじゃないかなぁと思う。楽しいことやうれしいことはそりゃあったけど、でも、それに気が付かないくらい毎日がブルーだった。

でも、今は少し違う。今は、まぁ我慢すべきこともそんなにないのだけど、それなりにはっきり言ったり、我慢ではなく自己調整して消化するすべを、少しずつ覚えてきている。だから、たとえば授業中にうるさいやつとか、マナーがなっていない子に遭遇しても、前ほどいらつかなくなった。瞬間的にいらついたとしても、その気持ちが長く続かないということに、少し気が付いた。

BPDの人にはよくあることかもしれないけど、私は自分が「完璧に気分がいい状態が永遠に続く」という幻想を抱いていて、それができないことに対して腹を立てていた。だから、少しでも自分の思い通りに行かない事態に陥って気分が唐突に害されると、それだけで世界が黒~くなったみたいになって、荒れた。
でも。私がころころ気分が変わるのと同じく、周りの環境もころころ変わるんだ。それに対していらつくのはなんだかナンセンスだと思った。
それに、うまくいかないことや、気分がわるいことに対してイライラしていれば、よけいに外の環境にイライラしてしまうのは当然だしね。

最近気が付いたのは、「うまくいかない状況や、イライラする気持ちは永遠に続かない、それと同時に、気分のいい時間も、永遠に続かない。だから、私が望んでる完璧な気分なんてない」ってこと。
でも、だからこそ、気分がいいときが素敵なんだ、ということ。
昔、14歳のころ、ぽんに言われた。手紙だったかな。
「いいことがあって、でも嫌なこともあって、その繰り返しがいいんだよ。何かあったとき、うれしいんだよ」

その意味が、今になって、すこしわかった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
2日ぶり!学校、バイト、食生活←、ほどほどにがんばってますええ。

今日、イラっとしたことがあった。今日の4限は授業が入っていない代わりに、院生の実験に参加することになってたのね。あらかじめ、参加できる日程を何個か決めておいて、向こうがその中から日程を指定してくるのだけど。
で、実験室に行ったみたら、どうやら院生の方のミスで、被験者をオーバーブッキングさせちゃったらしかった。1年生が4人集まったのだけど、1人が時間を変更しなきゃなんない事態が起こったってこと。
私以外の1年の子達は、それを聞いて困った顔して立ちすくんでる。まぁ、このままじゃ院生の方もかわいそうだしなぁ、と思って2秒で結論を出し、私は辞退した。で、日程変更。今のタイトスケジュールの中での変更は、結構イタい。まぁ、そういうこともある、誰にでもミスはあるあよね、って感じだし、向こうも丁重に謝ってくださったのでそれはそれ、ってことで解決。

そこまではいい。私いい人、で終わり。だけど例の私のことだ、それで気持ちが落ち着くわけがないのです。
その場を後にした2分後、強烈なイライラが襲ってきた。対象者:1年の3名w
あいつらさぁ、立ち尽くして困った顔して顔見合わせてんじゃねぇよ。だれかが変更するの、そういう状況なの、今は。わかるだろ?バカじゃねぇんだからよ。それを、自分にはよくわからない~みたいなツラしてだれかが譲るのを待ってるのかよ?
少なくとも、話し合おうとする姿勢はねぇのかよ、まずは、細かい状況を確認して、自分が譲歩できるかどうか検討しろバカ。で、抜けた私に少し複雑そうなツラむけやがって、何にもなってねぇじゃねえかよブスが。

それくらいのイライラが、5秒くらいの間に一気に頭を駆け巡るw
同時に、こんな些細なことでイラついてる自分にイラついてくる。あぁもうその辺のもの蹴りたい。

って、まてまて。それじゃ今までと何にも変わらないじゃん、と。歩きながら、少し落ち着くことにした。
まず、今、自分がイラついてますということを、渋々認める。まぁイラついたことは事実だし仕方ない。それはもいい。
で、次。きっとあの子たちもいろいろ忙しくて、私と同じようになんとか予定つけたんだろうな、と考えて差し上げる。でも、その思考じゃまた自己犠牲的になってることにすぐ気がつく。
まてまて、私にだって彼女たちと同じように困った顔してつったってることができたし、そうしたら誰かが譲ってくれたかもしれない。それに、どうする?だれか変われる人いない?ダメなら私が変わるけど、と一言確認してある意味恩着せがましく言うこともできた。
それをしなかったのは、私の判断。
じゃあなんでそうしなかったか。一つは、その院生の方に気を遣ったから。ここで大っぴらに話し合うのは、院生のミスをさらに際立たせるみたいで、そんなことはしたくなかった。そして、他の3人の子は同学年ではあるけども一応、ほんとうに「一応」私よりも「年下」(本当はこういう考えはできるだけしたくないけど)なので、まぁかわいそうかな、って思った。理由はそれだけ。

うん、妥当な自己判断だったわ、とそこで納得。収め方もうまかった、私。あの子たちも、いつかそういう対処の仕方を学ぶだろうって、少し上から目線で思うことで、そこの気持ちも落ち着かせる。

落ち着くまで10分くらいかかった。この程度のことでばーっとイラついて、その鎮火に10分もかかるのはやっぱ頭おかしいかもしれない。
でも、私の気分の波はいつも少しのことでやって来る。いつもなら、気分の波に任せて自己嫌悪に陥るか、他人を行動でディスるかしてた。
そんな私からしたら、時間はかかっても中立的な目線で感情を収めたのは結構えらいことだ。うん。

例えばこれからの生活で、このような感情の波を、人との会話中に収めなきゃなんないことも増えると思う。私は以前、仕事中に仕事上のことで感情を抑え消えれなくなって失礼な態度をとって、それがクレームに繋がってしまったことがあった。まぁありゃ相手も頭おかしかったけど、接客中にあの対処はまずかった。
ああいうときの感情コントロールは、ほんとうに難しい。でも、あのときは所詮、一回限りの「接客」、終われば反省はしても、それ以上はもうどうしようもない。割り切らないと、次の業務ができないもん。
でもね、仕事中でお客様に対してならすぐに割り切れても、普通の人間関係のねじれた感情は、ずっと尾を引く。
突発的な負の感情を表すのは、それこそが長期的にみて「損」にしかならない。負の感情を持っても、じゃあそれをどうやってうまく伝えたり、あるいはうまく自分の中で処理するか、だ。

この処理時間を短縮していくことと、自動的になされる感情の暴走に流されないことが、これから重要だ・・・って、分かってても私なんかにはできないーって感じだけど、「できない」じゃなくて私だってできると思うことが、実は第一歩かも、ね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
学校のPCから堂々ログインwまぁいいっしょたまには。
今日は2限目のみ授業があるのだけど、もう学校。うん、昨日ってか今日、初バイトだった。夜勤ね。うん今日も夜勤ね。私はこれくらいの無理は仕方ないと思ってるんだけど、批判浴びそうで怖いわぁ。けどさ、週に5日短時間のバイトするなら、2日か3日だけがっつりのほうがいいかなぁと思った。授業日も偏っているから余計に。週の後半は、金曜日以外はほとんど学校行かなくていいんだもん。その分月火水は結構タイト。

先月荒れに荒れてから、もう1ヶ月経つ。早いわぁ。そして、私の行動も嵐のようだわぁ。まぁ多々反省すべき点はあるけど、それはいいよもう。もう十分反省しましたよ。まぁ、反省するのと次の行動に生かすのは、また別のことなわけだけど。
でも、「どうせまたやるだろう」って自分で決めつけるのはやめようって思った。
どうせまた・・・じゃいつまでもどうせまた、だからね。次はやらないぞくらいの気持ちで生きなきゃだめだったのかも。
今までは、たぶん自分のやってしまった行動を反省しつつも実はそれにメリットを感じていたんじゃないかと思う。そうじゃなきゃ、何度も繰り返す意味が分からない。
でも、よく考えてみたら、それって結局何のメリットだよってこと。短期的いや、瞬間的に心が満たされた感じがするだけじゃん、って。そんなメリットのために、でかい犠牲を払う必要があるのかよって。ほかのところで損得勘定するのなら、そこ、考えませんか、って。ここを考えて安定させれば、本当に損得勘定抜きで行動すべきところにもっと力や感情を使える気がする。だから、もう繰り返さないぞっていう気持ちを明確に持ったほうがいい。

じゃあ具体的にどうしたらいいか。私は、今まで身体の生理学的な、精神に対する作用をなめていた。
そりゃ、腹減ってたり睡眠不足だったり、栄養バランス崩してればイライラするってのは知ってた。けど、自分はそれよりももっと強烈な感情があるんだよって思ってて、そんなちっさいことで乱されるはずない、っていう意味不明な過信をしてた。
うーん。違うわ。ごはん、ちゃんと食べたほうがいい。自分にあった睡眠をとったほうがいいし、すこしは運動もしたほうがいい。何今更あたりまえのことほざいてんだよ、って感じだけど、私は最近マジで実感したんだ。

最近、身体つらくてだるくて、休みの日は死んだようになってベッドに倒れてた。心臓がでかくなって、身体は縮んだみたいに、ばくばくいってた。揺れているのは自分なのに、なんで今日はこんなに地震がおおいんだろう、ってマジで思って、学校で友達に「今の地震!?」とか言っちゃうことも多かった。
で、反省。昨日かおとといから、まぁお酒はひかえーの、ちゃんと食べ始めました。うん、少しは(調理とは到底言えないけど)、うどんゆでたりうどんゆでたりうどんゆでたり、お惣菜お皿に移してチンしたり、しました←本当に私の女子力は壊滅的ですごめんなさい
で、ちゃんと食べたら、なんか身体が楽だった。6時間まとまった時間寝たら、楽だった。っていうか、まとめて寝られたことが、いいことだ。

とかいいつつ、今はもう27時間くらい眠っていないんですけれど、まぁ帰ったら夜まで寝よう。で、明日も一日中寝よ。ってか今から2限目まで寝よう。
おとといまでみたく、精神のことに集中して向き合うのもそうだけど、それだけじゃなくて食事とか睡眠とか、生理も含めて、身体にも向き合わなきゃなぁと思う。
私は、疲れても頑張ることやちょっとのことで疲弊しないことが「自分をコントロールできている状態」だと思ってたけど、どっちかっていうと「自分を安定させるために適切な休養をとる努力をする」っていうことのほうが、自己コントロールなのかもしれないって、最近思った。←遅いっていうね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村
私が大学へ行く理由。それは、一言で言うと強くなりたかったからだ。強さが他のところで手に入れられ(ながら生活できるのであれば)他の道でもよかった。働く過程や他の場所でそれを手に入れられるのならそれでよかった。ただ、私が目指す強さを手に入れるもっともよいやり方が、大学にはあると思った。結局、それが一番の理由だと思う(学歴や就職、劣等感の払拭や、「遅れを取り戻す」ためと勘違いされることが多いが、そうではない)。
ではなぜ強くなりたいか。強くなればそこに自分の経験したことのない、気持ちの良い世界が広がっていると思っているからという理由は大きい。ただ、それと同じくらいに大きい理由は、心から自然と、人に何かを成したいと思いたいからだ。私はおかしな考えをたくさん抱えているけれど、一つだけまともな考えがあるとすればそれは「幸せになるための環境が、みなに公平にあればよい」という考えだ。これは小さなころから大きく変わっていない。幸せの基準がどうであれ、幸せになるためのヘルプや個人個人に見合った生きる強さが、各々の納得の行く形で手に入ること。ある人にそれがないのなら、それを持っている人間が手を貸せばよい。そう思っている。
そして、私はそれを十分に与えられてきた。なぜかおかしくなってしまったが、それでも私は私が幸せになるための、ヘルプがそこにあることを知っている。強さを手にいれることは今からでもできる。ならばその先で、その正の連鎖をつなぐことが必要だ。私は私の好きな分野で・・・まずは、大切な人を目標に・・・その連鎖をつなげようと思っている。自分で言うのもなんだけれども、この考えは悪くないのではないかと思う。

 そのための強さに近づくやり方はまだ知らない。大学で学ぶことだけに、そのやり方があるとは思っていない。そうではなく、日々の生活そのものにそのヒントはたくさんあると思う。例えば感情丸出しにして荒れ狂うのは自分の何にもならないし、だからといってそうしてしまいそうになる自分の弱さを隠すこともよろしくないと思う。それに、自分の感情に対して妥協するのも変な話しだ。これでは八方塞な気もするが、私はそのどれでもない道があると信じたい。自分をコントロールしながらも、感情を見守り大切にできるという、何かのやり方・・・ただのメソッドではなく、心から納得して自然とできるやり方を育てたいと思う。
人とよい関係を築くこともそうだ。いいか悪いか、依存しているか自立しているか、大好きか大嫌いか、重要かどうでもよいか・・・二択で割り切れないのが、人と人との関係だということにはうすうす気がついている。そこになにか人間らしい関わりや信頼関係があるということにも、周りをみていれば分かる。問題は、その中間の領域に自分を置くことに、居心地の悪さを感じてしまうことだ。これも、ただ何も考えずに人付き合いをしたからといって解決できることではない。今までしてこなかった人との関わりのなかでの葛藤や難しさにたくさんぶつからなければならない。

 つまり、今の私には想像もつかないほどに、自分を強くするのは難しいということだ。これは、一人では手に負えない。第一、今書いたことがすべて真実か、よいやり方かおかしな考えか、その判断すらつかない。助言はいつでも必要だ。もちろん選択をしたり考えを深めるのは自分だし、そこは尊重してほしい。この難題に向き合う自分に関わる人間が疲弊してしまうことや、そこらにいる誰かを捕まえてその役をやらせることなどできないことは嫌というほど知った。ただ、私は幸せなことに、環境が整っている。今こそ、続きを始めるときだと思う。今までが全く自分に向き合っていない無駄な時期だったとは思わない。自分を支えるためにやってきたことを、全てなかったことにすることはしたくないし、しようと思わない。これは、始まりではなく、続きだ。


 なんて、マジメくさって書いた文章ね。最後ぶちぎれてるけど。今はワードに書いてるんだけど、これブログに移したらきっと3回分くらいになっちゃうかも。うーん、やっぱ支離滅裂で分かりにくいわぁ。ってか、これ誰だよ、っていうねwwキモイ気もしなくはないけど、まぁ自分の思っているところの真実だもん、いいよね。
 それから。コメント今までくれた人、本当にごめんなさい。消してしまいました。でも、通知メールには残ってるから、完全に私の前から消えたわけじゃないよ。けど、せっかく書いてくれたメールを、突発的であってもぱっと切るのはどうにかしていた。それこそ、もう少し考えて感情のままに流されないという自己コントロールをするべきでした。コメント欄は復活させるので、またよろしければコメントくださると本当に救われる思いです。でも、批判はいいけどディスはやだよ。
 うん、こういうこと書いたけどさ、またこれからのブログも、めちゃくちゃになることは知ってる。一朝一夕に、ハイ私はこんな感じでやってきまーす、なんてできたらマジ苦労しないからね。でも、自分が少しずつ変わろうとしていることは紛れもなく本当のこと。
だから、まぁクソみたいなこと書きまくってても大目に見て欲しいというこれもまた甘ったれた考えの私です。
 そういうことで。毎日書くことは不可能になるかもしれないけど、これからもわーわー騒ぐから、よろしく。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
にほんブログ村